About Shikakuya
 
四角餃子                四角餃子


                           四角家の餃子

当店の餃子は、形はもちろん皮もあんも含めて唯一無二の オリジナルです。
その特徴は、まず第一に四角い形
一見お菓子のようにも見える美しい様はもとより、
薄い皮と広い焼面がパリッとした食感と軽やかさを生み出します。
第二に食材の組み合わせの妙
7種ある四角餃子は、それぞれ違う野菜と肉や海鮮を組み合わせ、
7種7様の味や食感を楽しんでいただけます。
そして第三に、にんにくなど匂いが気になるものへの配慮
毎日食べたい時にいつでも食べていただけるよう「蛸包」以外、※1
にんにくなど匂いの気になるものは風味だけをスープに閉じこめ練り込んでおりますので、
一切後に残ることはありません。
※1「蛸包(タコと白菜の餃子)」は唯一にんにくを入れた餃子です。



                    四角家の餃子はなぜ四角いのか?

            四角家の餃子は、平べったい正方形。小さな座布団のような形をしています。
            まるでハンカチを折るように、中のあんをていねいに包んでいます。


四角餃子


【理由その1】 焼き餃子はパリパリ、カリカリ 
焼き餃子の魅力は、なんと言っても焼き面のパリパリ感にあります。
このパリパリ感を強調するためには、焼き面をできるだけ広くとれる包み方が不可欠でした。それがこの包み方、この形です。四角い形は角ができ、よりカリカリした食感を味わえます。

【理由その2】スープをとじこめジューシー 
四角家の餃子は皮のとじ面が四角い平面になります。 この面を下にして焼くことで
とじ面が密封され、スープをとじこめたまま焼くことができるのです。


【理由その3】材料を無駄なく大切に 
四角家の餃子は皮も四角です。一般的な丸い皮だと、カットする段階でどうしても無駄がたくさん出てしまいます。一度薄くのばした皮の切れ端を再度皮として利用することはできません。
材料を最大限あますことなく使うために皮を正方形にしました。



四角餃子
 
  お客さまの声  プライバシーポリシー  特定商取引に関する表記  お支払い方法・送料  お問い合わせ
Copyright (c) 2011 SHIKAKUYA All Right Reserved.